先日、9日の土曜日に、安城のカフェ「さらさ」さんの7周年のイベント(?)ということで、1日限定の、予約制でご注文いただいた『ベーグル福袋』を納品に行ってきました!

今回、わりと早い段階で予約がいっぱいになってしまったため、こちらのKINOブログではお知らせしてなかったのですが・・・

来年から、月イチくらいのペースで、同じような感じの予約制で、さらさに詰め合わせセットをお届けできるようにしたいねーという企画が持ち上がってますので、またよろしくお願いします。

また、詳しいことなど決まりましたら、こちらでもお知らせしますね。

ベーグルは予約販売のみですが、ジャムやフルーツシロップなど、只今「さらさ」さんでも販売してもらっています。

パンはもちろん、ヨーグルトやアイスクリーム、ホットケーキなどにも合うと思うので、お気に入りの食べ方でいろいろ試してみてくださいね。

 

それにしても!!

「さらさ」、7周年ですよ!!

おめでとうございます♪

オーナーのまりちゃんは、年齢もいっしょで(しかも誕生日も近い!)、同じ職業ということで、いろいろと相談にのってもらったり、励ましあったりとお世話になっている仲なので、なんだか感慨深いです。

「さらさ」をオープンする前に知り合っているので、お付き合いも7年以上なんだなーと思うと時間の経つ早さにびっくりします。

これからも、がんばりやさんのまりちゃんの「さらさ」を励みに、KINOもがんばっていこうと思います。

まだまだ、これからだー

 

 

 KINOからのお知らせ

11月の出店情報、工房オープン日など、こちらをご覧ください→ KINO 11月のスケジュール

11月15日のモノマルシェでのベーグルのお取り置きのご予約ですが、仕込などの都合上、締め切らせていただきます。こちらからご返答させていただいたお客様につきましては、ご連絡した期日までにご注文してください。よろしくお願いします。 

* COFFEE&BAGEL KINO ワインとスープとベーグルの会 *  

f:id:cafekino:20100902221156j:image
(*写真はイメージです)

日時:11月23日(土・祝)17:30~21:00(17:30~19:30までの都合のいい時間にお越し下さい)

場所:喫茶スロースさんの2Fにて

*予約制のイベントになります。

定員:10名
参加費:2500円(ワイン2杯、ベーグルとスープ2種類、ミニサラダがつきます *お支払いは当日で大丈夫です)

申し込み方法 : COFFEE&BAGEL KINOあてに、電話またはメールにてご予約ください。

電話番号 070-5542-1455

メールアドレス info@coffeebagelkino.jp

*ご予約の際は、①お名前②ご連絡先(さしつかえなければ、連絡のとれる携帯電話番号でお願いします。)③参加人数をお伝えください。

申し込み期限: 11月20日(水) *ただし、定員になり次第受付終了とさせていただきます。

*予約制のイベントになりますが、17:30からベーグルなどの販売もしますので、こちらは予約なしでお気軽にお越しくださいませ!

 

 

 

KINOの本棚 その39

 

39冊目の本はこちらです。

夜は、待っている。

 夜は、待っている。 (Hobonichi books)

 

 糸井重里が、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の
トップページに書いた1年間ぶんの原稿。
そして、1年間の全ツイート。
そのなかから、心にのこることばだけを
抜き出して、並べ直して、本にする。
それが、「小さいことば」シリーズです。

2007年から、
1年に1冊ずつつくって、
いつの間にか今年で6冊目。
最新作のタイトルは
『夜は、待っている。』といいます。

本に収められているのは、
厳選された225のことばたち。
近くから、遠くから、なかから、外から、
しみじみと、ぼんやりと、
あるいは真面目に、あるいはくすくす笑いながら、
さまざまに味わえる糸井重里のことばを、
どうぞ、たっぷりたのしんでください。

‥‥と、ここまでは、例年どおりの紹介ですが、
『夜は、待っている。』は、
これまでの本と、少し違った側面があります。

2011年は、誰にとってもたいへんな年でした。
3月11日に起こった東日本大震災のあと、
糸井重里のことばも変化せざるを得ませんでした。
これまで深く意識しなかった多くのことと向き合い、
「光の射す方向へ」向かって、
祈るようにつむがれた数々のことばは、
かつてのシリーズにはなかった種類のものです。

とはいえ、ただ深刻なことばが続いている、
というようなことではありません。
あたたかいことばや、
スッとしみこんでくる喜びの表現、
新しい発見や瑞々しい覚え書きなど、
「あの日」から派生したさまざまなことが
この本には、ぎっしり詰まっています。

例年どおり、糸井重里の写真日記
「気まぐれカメら」からの写真も
たくさん収録しました。
愛犬、ブイヨンの写真もたっぷり入ってます。
そして、これも恒例となりましたが、
たくさんのゲストの方からのメッセージなどが
本のあちこちに登場します。

今年も、自信をもってお届けできます。

どうぞ、あなたの本棚の、よい場所に。

 

何冊か持っている、、「小さいことば」シリーズですが、紹介文にもあるように、この本に納められているのは、2011年のことばたち。

いろんな立場の人がいて、いろんな考えの人がいると思えば思うほど、何のことばを発していいかわからなくなるようなとき、このことばたちに助けられることが多かったかもなぁと思います。

今は、だんだんその気持ちが薄れてしまって、いいことでもあるんだろうけど、やっぱりどうかと思ってしまう。

この本を読み返したら、あのときの気持ちがもどってくるかな。

そういう時間がもてるような、心にゆとりを持たないとな・・・

 

 

 

Comments are closed.