台風接近中のため、お天気が心配だった今回の工房オープン日。
なんとか、お昼過ぎまでは持ちこたえてくれたのでよかったです!
そんな状況の中、わざわざお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 

今回は、こんな感じでした!

菓子屋ワタリドリさんのケーキや焼き菓子も登場しました。
埋め込み画像への固定リンク
フレッシュいちじくのタルト、タルトショコラは大人気で、早々になくなってしまいました~

 

なつかしの、KINOチキンサラダもご用意しました。
きのこが入って、ちょっと秋バージョンです。

 

マフィンも3種類!
左から、いちじくのアーモンドクリームマフィン、焼いもと黒ゴマのマフィン、発酵バターのプレーンマフィンです。
コーヒーにも良く合うのです。

 

今回、新登場のベーグル。

左:オレガノとブラックペッパー
パルメザンチーズをトッピングして焼き上げました。チーズの香ばしさと、オレガノ、ブラックペッパーの風味が大人の味です。お酒のお供にも良さそう!

右:白ごまとかのこ豆
白ゴマ生地に、数種のかのこ豆を巻き込みました。和風のおやつベーグルです。


ちなみに、白ゴマとかのこ豆のベーグルの断面図はこんな感じです!

次回の工房オープン日は、10月6日(日)を予定しています。

辺鄙な場所ではありますが、みなさまのお越しをお待ちしていますね~

 

KINOからのお知らせ

9月の出店情報、工房オープン日など、こちらをご覧ください →  KINO 9月のスケジュール

 

 

KINOの本棚 その8

今日は、右から8番目のこちらです。

夕凪の街桜の国

 

きのうご紹介した「こっこさん」と同じ作者の漫画です。
こうの史代さんの作品は、この本が最初に読んだ本になります。

いわゆる、カタカナ表記されるほうの「ヒロシマ」をテーマにした漫画なのですが、初めて読んだときはちょっと衝撃でした。
こうのさんの優しい絵と、ときに淡々とした語りが、ものすごくリアルに感じられました。
自分たちと同じように、普通に日々を送っていた人たちの街に原爆が投下されて、生き残った人たちの、その後も人生は続いていくということの当たり前さを、ありありと実感してしまう名作です。
なんというか、すごく心にひっかかる本です。
大切なメッセージは、声高に叫ばれる演説の中よりも、こうやって、静かに語られる物語の中から自分で見つけるものなんじゃないかなと思います。

Comments are closed.